タダマンまでの茨の道程〜援デリとは知らずに2万円払ってた馬鹿な俺

MENU

 大学に入学して今はアパートで一人暮らし、とても快適な生活を送っています。
大学に入学が決まり、一人暮らしをはじめてすぐにやったことは、セフレを探すことでした。
なんたって健康体の自分は、性欲著しくとにかく女の子の肉体てスッキリしたいって気持ちばっかりで、すぐにセフレ探しを始めることにしたのでした。
世の中、本当に便利だなって思うのは、スマホを使ってセフレが探せてしまう事です。
見知らぬ女の子との出会いを気軽に探すことができる、そんなアプリがたくさんあります。
こんなアプリを使っていけば、オマンコの穴を探すことができるのです。
自分が利用したのは、掲示板アプリのスマともです。
ここは無料のポイントも貰えて、その後購入するポイントもそんなに高くはないのです。
だから、ここでセフレ攻略をするようになっていきました。
実際使っている女の子多くいるし、すぐにチャット始めることができるし、なかなかのサービスだなと感じていました。
近場の女の子探しができるというのは大きなメリット、つまり近くの女の子と知り合いからすぐに会ってても関係を持つことが可能になるって事がありますよね。
だからこのアプリを使うようになったのですが、それなりに出会いを楽しむことができています。
実際にセフレを作ることに成功して、ホテルの中でパコパコな関係を味わっているのです。
ただし、ちょっと気になる点として皆んな同様に2万円の割り切り条件を出してきます。
学生ですからたくさんのお金があるわけじゃないですから、やっぱりタダマンがいいなと思ってしまいます。
きっとセックスしたら仲良くなれて、その後は無料のセフレになれるんじゃないか、いつだってこんな期待を持っていたのです。

しかし、一向にそんな関係を作ることができないし、会う女の子は皆んな30分ぐらいの簡単なセックスしかできませんでした。